読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんわりした生活

本を読んだり仕事でやってみたことなどの日常から、ふんわりと気づきなどを書いていきます

もうEvernoteには戻らないかも

冬休み 振り返り 効率化 クラウドサービス

もう今年も10日以上経ちました。早いですね。 昨年の2016年には100投稿してるかと思ってましたが、意外と急ブレーキしてまだまだ先の話です。

Evernote、使ってますか?

わたしもEvernoteのプランや規約やらが変わってから、iPhonemacだけにしかインストールしてません。 仕事には使わないし、メモをアップロードすること自体が減りました。 サラリーマンで、かつ勤務先で禁止されているならともかく、自営業でそれはないだろうと思っていました。 でも激減しました。

みなさんはいまでも使ってますか?

メモをどうしているか

わたしは昨年後半から、メモを取るのを別のサービスで行なっているのです。 Evernoteではない、というだけです。

気になる記事があればPocketへ送ります。 画像や動画などはOnedriveへアップロードします。 ドキュメントは?WordやExcelPowerPointなどは仕事用のbacklogへ保存します。 KindleからはAmazonDriveを利用して、ちょっとしたアイデアは付属のドキュメントアプリでつくってしまいます。

いつの間にか、ブラウザや備え付けのもので事足りるようになっていたのでした。

あれ?macは?

macの行く末

恐ろしいことに、mac自体の活躍の場も少なくなっています。2013年モデルだったかな…ディスクはいつもギリギリです。 音楽ソフトを使うときに重宝していますが、audio unitはVSTに比べると敷居が高いのか少なくてWindows10が欲しくなってしまいます。

maciPhoneを捨てることができないのは、音楽があるからというだけのようにおもいます。 徐々にオシャレで変わったLinuxという雰囲気になってしまい、いよいよ使うタイミングが少なくなっています。

みなさんはmac使ってますか?

スマホアプリの優位性はどこへ

EvernoteAPIを利用したアプリがいろいろあって、思いついた時にサクッとEvernoteへ保存することができました。 一時期はそれを重宝がっていたものです。

いまでは、思いついたときにスマホのロックを解除する心理的ハードルを越える動機コストがメモしたい欲求より大きく感じられた場合はメモをせずにいることが増えました。 結果的にはデータのゴミが減っていいですね。

ここを越えることができるようなものであれば大事なことなので、そんなにすぐには忘れません。 メモしたい形でメモします。 ですから、そこまで速攻のアプリはいらないのです。

文章を書く環境の変化

パソコンで書くことが多いのですが、そうなるとVisual Studio Code一択になってしまいました。いろいろ使っていたのがウソのようです。 もちろん、ほかのエディタも使います。

Kindleではstackeditを。 iPhoneではbearを。 選定基準はマークダウンでサクサク書くことができて、余計なことに注意を払わなくて良いということです。

Evernoteはこの条件に合致しません。 なにせ、マークダウンではなくリッチなエディタがあるからです。 これはわたしには要らないものでした。

行く末を勝手に案じる

Evernoteのアクティブユーザはきっと減ってはいないでしょう。 長年の蓄積したデータを何処かへ移すなんて。 無理ゲーでしょう、きっと。 いや、移行ツールがたくさんあったと思いますが。

わたしにはそうしたものはありませんでした。 思い出さなければ、無かったのと同じだと考えているので。

それに、メモしたときには最新だったことも変わり続けています。古いままで更新していなかったデータもゴミです。

わたしのようなユーザはサービスが終わるまでアクティブだけど、まともには利用していないゴーストユーザです。 いつか無償プランも無くなったりするんだとおもいます。

どなたか大きな愛で包んであげてください。 わたしはほかのクラウドで課金してますので。