読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんわりした生活

本を読んだり仕事でやってみたことなどの日常から、ふんわりと気づきなどを書いていきます

UWSCの電子書籍を出版しました(パブーとAmazon)

m0t0k1m0t0k1.hatenablog.com

以前投稿したエントリのとおり、UWSC電子書籍を出版しました。パブーで作成したので、パブーのほうはすでに出版済みになっています。 問題はAmazonのほうで、出版手続きをしてレビュー待ちになったのですが、何を間違えたのか500円の予定なのになぜか492USDになっていました。なんで100倍の値段になってるんだろ…

追記:夕方ごろにAmazonでも出版されていて、KDPのダッシュボードだけ間違って表示されているようです

Windowsを自動化!UWSC逆引き本

Windowsを自動化!UWSC逆引き本

パブーはどうだったか

いまだサービスとしても未知数な雰囲気なのですが、最後まで書いてみての感想としては、悪くないけど良くもないということですね。 とにかくHTMLとして気にしながら書くことになるので、どうもすんなりとパカパカとタイピングして書いていくというスタイルに持っていきにくいです。文章中心だったとしても、こういうことならVSCodeでマークダウンというほうが便利だし早かったかもしれません。 それに、推敲をしていっていましたが、プレビューというかパブーで読む状態とePubの雰囲気もかなり違いました。 ここもPandocでePubにしたほうがよかったかもしれません。

GitBookに比較しても、常にログインした状態でないと書くことができないこと、バックアップが取りづらいこと、CSSのカスタマイズはインラインで書くしかないこと、などなど不満はかなり出てきました。もちろん、画像だけで構成するのであればこんなことはないでしょう。しかし、小説みたいなものを書いているかたはお好みのエディタで書いてからコピペして整形してるのかな?

構成について

今回はパブーのスタイルに合わせて書こうということでやっていましたが、書きづらいので1ページにやりたいことを1つという構成で書いていきました。例えば、「ウィンドウを操作したい」というような事柄について利用できる関数やその使い方、サンプルコードという感じです。ただ、この構成は推敲し始めた時点では問題なさそうだったのですが、肝心のePubファイルにしてみると非常に読みづらいということがわかりました。ブラウザでHTMLを読むようなものなので、改ページなんて余計な事すんなよ!という気持ちになります。 もしかすると時間を見つけて構成しなおして改版しなければならないかもしれません。

また、カバー画像が登録できるのですが、そこまで力を入れなくてもよかったという気持ちになりました。1024x768くらいのサイズが推奨ということだったのですが、どうもパブーでみかける小さな書籍のカバー画像くらいにしか利用されていないようです。ePubには含まれていませんでした。そういうことなら最初から言ってくれよと思いましたが(どこかに書いていたのでしょう)、しまったことにパブーの機能でePubを作成したのでAmazonのほうにもファイル中にカバー画像が入っていないかもしれません。大丈夫かな?

UWSCはどうだったか

一か月以上いじりましたが、便利です。単にクリックして認証するタイプのreCaptchaであれば、クリックしてチェックマークが入ったかどうかまで画像認識でチェックできるので、ボット的な速度で操作しなければスクリプトで突破することができます。メルカリで試させていただいたのですが(本当に申し訳ありません)、ゆっくりやると人間的な速さになってログインすることができました。それ以外のショップ、カラーミーなどはIDとパスワードのみなので自動操作もできます。

Windowsもストアアプリが主流になってくると、WPFでつくられたアプリばかりになると思います。Chromeなどではメニューの操作などもUWSCからは難しいものがありました。そうは言ってもネイティブのDLLもCOMも.Netも(PowerShell経由ですが)利用できるというのは非常に強みだと思います。得意なものを優先的に利用できるように組み合わせて課題を解決するということであれば、UWSCはなかなか素晴らしいものだと思います。念のために言っておくと、InternetExplorerを操作して何かをするというのは、UWSCですることではないように思います。いまのところIE11はCOM経由で操作することができますが、いずれなくなるでしょう。

最後に

今回の電子書籍を制作するにあたって、COMもDLLもPowerShellも捨てたものでもないな、ということを強く思いました。いまでもまだ作業を自動化するためにどれも利用できる素晴らしい技術です。もしも興味があるようでしたら小学生のお小遣い程度の価格です。手に取っていただければ幸いです。またチートシートでもつくろうかな…

パブーであまりにも売れなかったらAmazonだけにしてKDPセレクトにしよう。

なお、UWSCの紙の本はこちらがあります。

Windows マクロテクニック

Windows マクロテクニック