読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんわりした生活

本を読んだり仕事でやってみたことなどの日常から、ふんわりと気づきなどを書いていきます

ブクログのパブーで電子書籍を執筆している(まだ推敲中)

いよいよゴールデンウイークも、あとわずかになりました。楽しく過ごしておいででしょうか。 わたしは山の中へ二日間ほどいましたが、ブヨか何かに刺されたようです。

結果的に一か月ほどかかってしまったのですが、ここ最近はUWSC電子書籍を書いていました。まだ推敲中で、リリースしていません。もう少しかかるような気がします。ブクログのパブーとAmazonで出版することにすると思います。なぜにブクログのパブーが出版先に入っているかというと、 パブーの電子書籍作成ツールで執筆したからです。 以前にGitBookクライアントで電子書籍を書くのはつらい、という記事を書いていました。

m0t0k1m0t0k1.hatenablog.com

そのときに久しぶりに使ってみようと思い立って、何らあてもなく書き始めました。

p.booklog.jp

どうだったか

意外とパブーの環境も悪くないです。ただのテキストエリアに書いていくようになるのですが、マークダウンで書かないという選択肢がここ数年アタマになかったこともあって、非常に新鮮でした。Ctrl+Bで太字にできたりという便利な機能を使いつつ、テキストはガンガンに書いていきました。 二点だけつらいところがあって、コードを書いたときに構文のハイライトをしようとすると自分で色付けをしなくてはいけないのです。しかし、それ以前にコードを書くためにpreタグを使いたいのですが、それを挿入する機能はありません。こうなると直接HTMLを書いていくようになります。このあたりはやはりマークダウンのほうが便利です。これが一点目で、二点目は放置しているとタイムアウトしてログアウトしてくれるところです。つい癖で画面だけロックして席を離れてしまうのですが、そうするとオンラインエディタかつログイン済みの状態で執筆していく必要があるのにログアウトされてしまうので、保存していないともう一度書き直す必要があります。一応、直前の状態をローカルストレージかな?に保存してくれていることもあるので、そこからコピペすれば復旧することもできます。でもこまめに保存しないといけません。

Pro版にしないのか

ひとまず今回はPro版にしないことにしました。課金すれば直接Amazonで出版してくれるようなのですが、自分でできるので課金する必要もないな…というところです。それに、メールを見落としていたのか、運営会社が昨年に変更されていました。いつの間にやらというところです。 もっと電子書籍の流通数が増えれば、つまりは出版しようというユーザーが増えれば、さらにサービスがよくなるのだと思いますが、どこも電子書籍の出版は苦戦しているのですかね。もっと文字だけでなく写真や、あるいは動画を掲載したような電子書籍もガンガンに増えてもよさそうな気がします。といっても、電子書籍ではJavaScriptがどこまで動作するかは電子書籍リーダーの実装次第というところが大きいので、画像のみとかテキストのみというのが安牌だったりもします。 以前にアニメーションGIFを使おうとしたら動作しなくて、結局ふつうの画像を掲載したことがありました。

やはり電子書籍はPDFが便利ということもありますし、ファイルそのものを販売することができるサービス(BASEとか)もあるので、執筆環境とセットでというのもそこまでのメリットに映らないのかもしれません。おそらくパブーで執筆するのは、これが最初で最後になりそうな気がします。 やはりマークダウンが便利でした。

Windows10ユーザーはMicrosoft Edgeを使って電子書籍を読もう

先日のCreators Updateだったっけ?で更新されたMicrosoft Edgeの新機能が非常に便利です。ePubファイルをそのまま開くことができるようになりました。関連付けもされているので、もはや怪しげなリーダーアプリを使う必要は皆無です!見た目のチェックも簡単にできて最高です。 ePubといってもXHTMLを所定の構成でzip圧縮したファイルなので、ブラウザで見ることができたら最高なのは言うまでもないです。Chromeにもつかないかな、この機能。 ただ、一方で気になるのはWindowsにこうした機能が追加されると、怪しいePubを経由した攻撃が流行しないかなどと考えてしまいます。JavaScriptとか動作するのかは確認してみてないです。PowerShellVBA、今回のUWSCなどWindowsを自動的に操作することができるものばかり電子書籍のネタにしているので、少し心配してたりして。杞憂でしょうけど。

5月中に出版できるといいな、と思っているところです。

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック